巴朗山峠に咲くレッドポピー (その5)

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

上のバナーをクリックすると日替わりJava作品に跳びます。

 今日の日替わりjava作品はbublle。画像の中をフワフワといくつもの泡が舞い上がっていきます。
 使用した写真は、巴朗山峠に咲く幻のブルーポピー (その5) です。 今回のツアーに参加した目的は、黄龍九寨溝を見ることと、幻の花と言われるブルーポピーを見ることでした。ブルーポピーは、標高4000m以上の日当たりの良い岩場に咲くケシの仲間。巴朗山峠付近は標高4320mだからこの条件に合います。花期が限られているので、咲いているか心配しましたが、 幸運にも見事なブルーポピーを写真に納めることができました。車窓から幻の花「ブルーポピー」を見つけるたびにバスを止め、傾斜のきつい岩場を登って写真を撮るのですが、標高が高いのでいつもと同じ調子ではだめ、大きく息を整えて”パチリ・パチリ”私は少しの心得はあったもののそれでも頭が痛くなりました。


 ブルーポピーの傍らにレッドポピーも咲いていましたが、もう盛りを過ぎ数が少なかったです。
 このJavaの原画はココをクリックすると見られます。


巴朗山峠に咲く幻のレッドポピー


私のホームページ

本館 別館1 スイス北欧デジカメ紀行


制作を依頼されて作成したホームページ

立川スズキ販売 雨宿り


巴朗山峠に咲くレッドポピー (その4)

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

上のバナーをクリックすると日替わりJava作品に跳びます。

 今日の日替わりjava作品はballoon。画像の中をフワフワといくつもの風船が舞い上がっていきます。
 使用した写真は、巴朗山峠に咲くレッドポピー (その4) です。 今回のツアーに参加した目的は、黄龍九寨溝を見ることと、幻の花と言われるブルーポピーを見ることでした。ブルーポピーは、標高4000m以上の日当たりの良い岩場に咲くケシの仲間。巴朗山峠付近は標高4320mだからこの条件に合います。花期が限られているので、咲いているか心配しましたが、 幸運にも見事なブルーポピーを写真に納めることができました。車窓から幻の花「ブルーポピー」を見つけるたびにバスを止め、傾斜のきつい岩場を登って写真を撮るのですが、標高が高いのでいつもと同じ調子ではだめ、大きく息を整えて”パチリ・パチリ”私は少しの心得はあったもののそれでも頭が痛くなりました。


 ブルーポピーの傍らにレッドポピーも咲いていましたが、もう盛りを過ぎ数が少なかったです。
 このJavaの原画はココをクリックすると見られます。


巴朗山峠に咲くレッドポピー


私のホームページ

本館 別館1 スイス北欧デジカメ紀行


制作を依頼されて作成したホームページ

立川スズキ販売 雨宿り


巴朗山峠に咲くレッドポピー (その3)

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

上のバナーをクリックすると日替わりJava作品に跳びます。

 今日の日替わりjava作品は、画像を色々な方向にスクロールさせます。画像の端にマウスを置いてみて下さい。マウスの位置の方向に画像が移動します。八方向が設定してあります。移動を停止するには、STOPボタンをクリックして下さい。画像にマウスオンすると、また移動します。その横の紫色のボタンは画像の拡大ボタンです。大きなボタンを押すと拡大し、小さなボタンを押すと縮小します。
 使用した写真は、巴朗山峠に咲くレッドポピー (その3) です。今回のツアーに参加した目的は、黄龍九寨溝を見ることと、幻の花と言われるブルーポピーを見ることでした。ブルーポピーは、標高4000m以上の日当たりの良い岩場に咲くケシの仲間。巴朗山峠付近は標高4320mだからこの条件に合います。花期が限られているので、咲いているか心配しましたが、 幸運にも見事なブルーポピーを写真に納めることができました。車窓から幻の花「ブルーポピー」を見つけるたびにバスを止め、傾斜のきつい岩場を登って写真を撮るのですが、標高が高いのでいつもと同じ調子ではだめ、大きく息を整えて”パチリ・パチリ”私は少しの心得はあったもののそれでも頭が痛くなりました。


 ブルーポピーの傍らにレッドポピーも咲いていましたが、もう盛りを過ぎ数が少なかったです。
 このJavaの原画はココをクリックすると見られます。


 

巴朗山峠に咲くレッドポピー


私のホームページ

本館 別館1 スイス北欧デジカメ紀行


制作を依頼されて作成したホームページ

立川スズキ販売 雨宿り


巴朗山峠に咲く幻のブルーポピー (その2)

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

上のバナーをクリックすると日替わりJava作品に跳びます。

 今日の日替わりJavzScriptは、画像をスクロールさせビデオカメラで撮影しているよう見せます。
 使用した写真は、巴朗山峠に咲くレッドポピー(その2) です。今回のツアーに参加した目的は、黄龍九寨溝を見ることと、幻の花と言われるブルーポピーを見ることでした。ブルーポピーは、標高4000m以上の日当たりの良い岩場に咲くケシの仲間。巴朗山峠付近は標高4320mだからこの条件に合います。花期が限られているので、咲いているか心配しましたが、 幸運にも見事なブルーポピーを写真に納めることができました。車窓から幻の花「ブルーポピー」を見つけるたびにバスを止め、傾斜のきつい岩場を登って写真を撮るのですが、標高が高いのでいつもと同じ調子ではだめ、大きく息を整えて”パチリ・パチリ”私は少しの心得はあったもののそれでも頭が痛くなりました。


 ブルーポピーの傍らにレッドポピーも咲いていましたが、もう盛りを過ぎ数が少なかったです。
 このJavaの原画はココをクリックすると見られます。


巴朗山峠に咲くレッドポピー


私のホームページ

本館 別館1 スイス北欧デジカメ紀行


制作を依頼されて作成したホームページ

立川スズキ販売 雨宿り


巴朗山峠に咲くレッドポピー

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

上のバナーをクリックすると日替わりJava作品に跳びます。


 今日の日替わりjava作品はスライドショウで、手法はスライス1。画像を上下左右色々な方法にスライスし、回転させながら切り替えます。左右のボタンでも操作できます。自動に戻したい時は、F5 をクリックして下さい。
 使用した写真は、巴朗山峠に咲くレッドポピー です。今回のツアーに参加した目的は、黄龍九寨溝を見ることと、幻の花と言われるブルーポピーを見ることでした。ブルーポピーは、標高4000m以上の日当たりの良い岩場に咲くケシの仲間。巴朗山峠付近は標高4320mだからこの条件に合います。花期が限られているので、咲いているか心配しましたが、 幸運にも見事なブルーポピーを写真に納めることができました。車窓から幻の花「ブルーポピー」を見つけるたびにバスを止め、傾斜のきつい岩場を登って写真を撮るのですが、標高が高いのでいつもと同じ調子ではだめ、大きく息を整えて”パチリ・パチリ”私は少しの心得はあったもののそれでも頭が痛くなりました。
 ブルーポピーの傍らにレッドポピーも咲いていましたが、もう盛りを過ぎ数が少なかったです。

巴朗山峠に咲くレッドポピー

巴朗山峠に咲くレッドポピー


私のホームページ

本館 別館1 スイス北欧デジカメ紀行


制作を依頼されて作成したホームページ

立川スズキ販売 雨宿り


巴朗山峠に咲く幻のブルーポピー (その5)

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

上のバナーをクリックすると日替わりJava作品に跳びます。

 今日の日替わりjava作品はbublle。画像の中をフワフワといくつもの泡が舞い上がっていきます。
 使用した写真は、巴朗山峠に咲く幻のブルーポピー (その5) です。 今回のツアーに参加した目的は、黄龍九寨溝を見ることと、幻の花と言われるブルーポピーを見ることでした。ブルーポピーは、標高4000m以上の日当たりの良い岩場に咲くケシの仲間。巴朗山峠付近は標高4320mですからこの条件に合います。花期が限られているので、咲いているか心配しましたが、 幸運にも見事なブルーポピーを写真に納めることができました。車窓から幻の花「ブルーポピー」を見つけるたびにバスを止め、傾斜のきつい岩場を登って写真を撮るのですが、標高が高いのでいつもと同じ調子ではだめ、大きく息を整えて”パチリ・パチリ”私は少しの心得はあったもののそれでも頭が痛くなりました。



 このJavaの原画はココをクリックすると見られます。


巴朗山峠に咲く幻のブルーポピー


私のホームページ

本館 別館1 スイス北欧デジカメ紀行


制作を依頼されて作成したホームページ

立川スズキ販売 雨宿り


巴朗山峠に咲く幻のブルーポピー (その4)

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

上のバナーをクリックすると日替わりJava作品に跳びます。

 今日の日替わりjava作品は、画像を色々な方向にスクロールさせます。画像の端にマウスを置いてみて下さい。マウスの位置の方向に画像が移動します。八方向が設定してあります。移動を停止するには、STOPボタンをクリックして下さい。画像にマウスオンすると、また移動します。その横の紫色のボタンは画像の拡大ボタンです。大きなボタンを押すと拡大し、小さなボタンを押すと縮小します。
 使用した写真は、巴朗山峠に咲く幻のブルーポピー (その4) です。 今回のツアーに参加した目的は、黄龍九寨溝を見ることと、幻の花と言われるブルーポピーを見ることでした。ブルーポピーは、標高4000m以上の日当たりの良い岩場に咲くケシの仲間。巴朗山峠付近は標高4320mですからこの条件に合います。花期が限られているので、咲いているか心配しましたが、 幸運にも見事なブルーポピーを写真に納めることができました。車窓から幻の花「ブルーポピー」を見つけるたびにバスを止め、傾斜のきつい岩場を登って写真を撮るのですが、標高が高いのでいつもと同じ調子ではだめ、大きく息を整えて”パチリ・パチリ”私は少しの心得はあったもののそれでも頭が痛くなりました。



 このJavaの原画はココをクリックすると見られます。


 

巴朗山峠に咲く幻のブルーポピー


私のホームページ

本館 別館1 スイス北欧デジカメ紀行


制作を依頼されて作成したホームページ

立川スズキ販売 雨宿り