リラの僧院に雪が降る (その4)

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

上のバナーをクリックすると日替わりJava作品に跳びます。

 今日の日替わりJavzScriptは窓と雪です。画像の周囲に白い陰を作りガラスの窓越しに部屋の外を見ているようにしました。
 使用した写真は、リラの僧院 です。ソフィアから南へ約120km。リラ山の奥深くにひっそりとリラの僧院はある。ブルガリア正教の総本山ともいうべき僧院である。バスに乗って、欝蒼とした緑深き1本の山道を揺られて行くと、曲がりくねった道の先に突然現れる、色彩.豊かな僧院の門。このような場所に、いったい誰がどんな想いで、僧院を建てたのだろうか……。
 僧院の歴史は10世紀にさかのぼる。イヴァン・リルスキという僧が、隠遁の地としてこの場所を選んだ。そして小さな寺院を建立。それがやがて中世の宗教と文化の中心になっていったのである。
 現在の形になったのは14世紀。時の王の庇護の下で僧院文化は華開いた。その後、ブルガリアは約500年にわたってオスマン朝支配下に入ることになる。この問、キリスト教の信仰はもちろん、ブルガリア語の書物を読むことにも制限が加えられていたのだが、この僧院だけは、それらが黙認されていた。征時には約360の房に全国から僧が集い、寝起きしていたという。
 僧院の建物は、1833年の大火事でおおかた燃えてしまったが、その後復旧され、1983年にはユネスコ世界文化遺産に登録された。

リラの僧院


私のホームページ

本館 別館1 スイス北欧デジカメ紀行


制作を依頼されて作成したホームページ

立川スズキ販売 雨宿り